プリンす day

主に美少女フィギュアレビュー たまにプニョプニョプリン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【レビュー】 化物語 figma 千石撫子 【マックスファクトリー】

20120121_001.jpg


メーカー :マックスファクトリー
原作   :化物語
発売日  :2012年1月
定価   :¥3,200

今回のレビューは figma 千石撫子 です。
「化物語」からのfigma化5人目になりますね。
一度発売延期がありましたが、無事に発売されました。

原作は「化物語」。
アニメはちょうど続編の「偽物語」が始まったところ。
またなんとぴったりな発売・・・
撫子は「化物語」アニメ化でだいぶ話題を呼んだ娘だと思います。
主にOPで

それではレビュースタート! 画像はサムネクリックで拡大表示されます。

 
まずはパッケージから出してすぐの状態で一周。

20120121_002.jpg

20120121_003.jpg

20120121_004.jpg

20120121_005.jpg

20120121_006.jpg

20120121_007.jpg

20120121_008.jpg

20120121_009.jpg

せっかくなんでポーズをとって。
化物語劇中の私服姿での立体化です。

20120121_010.jpg

箱から出した状態では、台座のアームを刺す部分に上着固定用のピンが刺さっています。
小さいクリアパーツなため非常に失くしやすいです。
開封したらまずこのピンを収納袋なりに入れて、失くさないようにしましょう。
現に私は一度失くしそうになって泣きそうになりました

では、上着を取って再び一周。

20120121_011.jpg

20120121_012.jpg

20120121_013.jpg

20120121_014.jpg

20120121_015.jpg

20120121_016.jpg

20120121_017.jpg

20120121_018.jpg

中学生の女の子にしてはシンプルな私服ですよね。
まあきちんと理由があるのですが・・・
それにしてもさすがに裸ブルマだったりスク水だったりでfigma化はしませんでしたね。

20120121_019.jpg

お顔。
撫子らしい少し儚げな感じをきっちり再現。
かわいい。

20120121_020.jpg

20120121_021.jpg

シンプルなようで特徴的な髪形ですが、こちらもきっちり再現。
しっかり造形されていて違和感ありません。

20120121_022.jpg

20120121_023.jpg

上半身は肌を多く隠したピンク色の服。
胸の下のリボン付近でも可動します。

20120121_024.jpg

20120121_025.jpg

でも首まわりは無防備です。
女子中学生の鎖骨!

20120121_026.jpg

20120121_027.jpg

下半身はサイズ大きめのジーンズ。
再現のためか通常より大きめのジョイントが使われています。

20120121_028.jpg

ポーチ?もしっかり造形されています。
しかしジーンズとはいえ何とも言えない腰まわり・・・

20120121_029.jpg

20120121_030.jpg

足元。
接地面が多いため自立しやすそうですが、
ジーンズの裾部分が大きいため足首があまり可動しない&
上着を羽織るとバランスも取りにくくなるのでそうでもなかったりします。


20120121_031.jpg

こちらが付属品一覧。
主に撫子の身に着けるパーツが多いですね。
ちなみに「固定腕」の下にあるのが上着固定用のピンです。


それではまず「通常顔」以外の表情パーツのご紹介。

20120121_032.jpg

こちらは「微笑顔」。
“微笑”というのがポイント。

20120121_033.jpg

“笑顔”でなく柔らかな“微笑顔”というのが撫子らしい。
でも何か企んでいそうな表情にも見える・・・

20120121_034.jpg

そして「恥ずかしがり顔」。

20120121_035.jpg

これもまた撫子らしいですね。
それにしてもあやせみたくこういう表情はやっぱりセクハラしたくなります
※特別出演:figma 涼宮ハルヒ チアガールver.のブルマ

化物語OP「恋愛サーキュレーション」では多彩な表情をしていた撫子ですが・・・
figmaにはこれら3種類の付属となります。
しかたないね・・・


20120121_036.jpg

20120121_037.jpg

続いて上着
まずは通常のもの。

20120121_038.jpg

羽織ってみました。
袖に手を通したり実際に着ることはできません。
固定用のピンをしなくてもそれなりに固定できます。

20120121_039.jpg

この上着だと腕の可動範囲が狭まりますが・・・
言わば「」を表現する上着なので問題ないでしょう。


20120121_040.jpg

20120121_041.jpg

こちらは動きのついた上着。
躍動感ある「」を表現しております。

20120121_042.jpg

羽織ってみました。
こちらはそんなに可動範囲が少なくなるわけではありません。
ですがバランスが取りにくくなるので自立は少し難しくなったり・・・

20120121_043.jpg

20120121_044.jpg

この上着が良い雰囲気を演出してくれます。
良いわぁ・・・

20120121_045.jpg

見方によってはイケメン度も上がります。


20120121_046.jpg

こちらは帽子。
撫子のトレードマークとも言えるかもしれない。
髪形が特殊な形なわけでなく、帽子が特殊な形なわけでもないのにしっかり被れます。

20120121_047.jpg

せっかくなんで上着とセットで使いたいですね。
つばが割と深めなので容易に目が隠れてしまいます。
まあ原作通りなんですが・・・

20120121_048.jpg

20120121_049.jpg

むしろこれを生かして雰囲気を出したりできます。
上着と一緒だとより映えますね・・・

20120121_050.jpg

もちろん逆に被ることも可能。

20120121_051.jpg

帽子単体だと少年探偵っぽくなるな・・・

20120121_052.jpg

そしてさらに上がるイケメン度


20120121_053.jpg

こちらは「お守り」。持ち手付きです。
呪いを払うために使用したものですね。
アニメでは白色でしたがこちらは赤色。

20120121_054.jpg

このお守りの効力はそりゃあもう凄くてですね・・・
撫子いわく「ドラ○もんのひみつ道具である“天才ヘルメット”と“技術手袋”みたい」らしいです。
天才ヘルメット・・・機械の改造のためにかぶるヘルメット。
            かぶると、どんな改造をすればいいかをヘルメットが自動的に考える。
技術手袋・・・この手袋をはめると、指先がさまざまな工具に変化し、どんな工作でもできる。
Wikipediaより。・・・なるほどね!


20120121_055.jpg

最後は「固定腕」と「固定腕用の手首」。
シフトボディじゃないですが、見映えを重視した造りの腕・手首です。

20120121_056.jpg

まず「固定腕」。
小さく「L」「R」表記もあります。
この状態で通常の手首をはめてみましたが、
腕が短くなるものの、まあそれほど違和感がないと思います。

20120121_057.jpg

20120121_058.jpg

まずは手を組んだ感じのもの。
もちろん前後どちらでもOK。

20120121_059.jpg

20120121_060.jpg

こちらは手の平が外にくるもの。
どちらも良い雰囲気が出ます。


20120121_061.jpg

もろもろの付属品が合わさって、完全な撫子が出来上がるのです。
撫子の雰囲気を最大限に発揮できる良い付属品たちですね。


20120121_062.jpg

20120121_063.jpg

ふわふわり ふわふわる ♪



さて、最後の最後となって・・・本題です
撫子と言えばどうしても裸ブルマスク水が印象深いですよね。


20120121_064.jpg

figma撫子はきちんとお腹・背中も造形されており、胸にも可動軸があります。
・・・ということでfigma 宮藤芳佳シフトボディを使ったりは出来ません。
一度考えたのですけどね・・・

・・・しかし、諦めてはいけません








20120121_065.jpg

!?


20120121_066.jpg

20120121_067.jpg

ジーンズの脚部分のみを外し、
足:figma 宮藤芳佳
裸足:figma 初音ミク Append ver.
を取り付けました。
パンツじゃないから(ry状態ですが・・・なんだこの破壊力・・・!
さすがに元よりは脚の長さが短めになります。


20120121_068.jpg

なでこスネイクパッケージっぽく。
このラスボスのオーラ・・・たまんねぇわ・・・
・・・ということでfigma撫子でいろいろ遊んだ別記事作ります。
今決めました
追記:完成しました


20120121_069.jpg

以上、言われなくともずっと見ていたいfigma 千石撫子でした。


毎回figmaはきちんとした再現度ですね。
今回の撫子もかわいく出来ております。
付属品もそれなりのボリューム・撫子らしくて良い感じ。

今回の撫子、さすがに裸ブルマスク水は付属していません。
やっぱりそこは撫子への愛が試されているんじゃないでしょうか・・・
ですがそんなの無しでかわいい出来の撫子です。
裸ブルマスク水ばかり考えてはいけませんよ!

ところで・・・これから時期的にぴったりだと思うのですが、
「化物語」の残りの方々のfigma化はどうなるんでしょうか。
さすがに撫子で終わると中途半端な気がしますが・・・


撫子のスク水姿を見ていやらしい気持ちになろう!


 
関連記事
[ 2012/01/22 03:40 ] フィギュアレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

about

プリンす

Author:プリンす
フィギュアレビュー そしてプリン

詳細はご挨拶

擬似ぶっかけや気持ち悪い文章が
苦手な方は閲覧しちゃダメです

メール(☆を@に)
purin_s_34☆yahoo.co.jp

purin_s_34をフォローしましょうtwitterやってます

月別アーカイブ
お世話になってるサイト様
リンク(敬称略)
【練乳王】
【NEWSサイト】
【テキスト】
【フィギュア・ホビー】

【アダルト・ぶっかけ】
いつもお世話になってます
アクセスランキング
検索フォーム


QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。