プリンす day

主に美少女フィギュアレビュー たまにプニョプニョプリン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル 序盤終えての感想

20080316g_001.jpg

figma 鹿目まどか 制服ver.も付属していたPSPソフト 『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』。
序盤(ルート2つ)までプレイを終えたので簡易感想を述べたいと思います。
一応ネタバレには配慮したつもりなので・・・未プレイの方も安心してご覧ください。

購入するか悩んでるぞ!、これからプレイするぞ!という方のご参考になれば・・・
それでは続きから!

 

とりあえず現時点での率直な感想

・雰囲気出てる!
・立ち絵かわいい!
・フルボイス!
・イヌカレー空間の再現度高い!
・みんな持ち技がおもしろい!
・ほむほむかわいい!
・メガほむかわいい!
・ほむほむ強い!
・しょんぼりしたほむほむの立ち絵かわいい!
・ほむほむの立ち絵マジ絶壁


・・・以上です。
以下はシステムやストーリーにも少し触れて・・・






システムなど詳しくは公式に書かれていますが、
このゲームを一言で言うならキュウべぇ営業奮闘記
・・・というのは誤解がありますが、物語はキュウべぇ視点で進みます。

ゲームの流れは
ストーリー選択

アドベンチャーパート

ダンジョンパート

繰り返し

クリア
という感じ。


まずストーリー選択
これで誰のルートかが決まります。
なのである1つの大きなストーリーがあって途中で分岐、というわけではなく
攻略対象(?)の決まっているストーリーを選択し、
その攻略対象(?)がどうなるかで内容が分岐します。
実際はQボタンの影響で細かい部分でさらに展開が変わるのですがそれは後ほど。
ということでストーリー上で様々に分岐ではなく、
こちらが最初にストーリーを選択し、そのストーリー上で分岐が起こる、という展開です。


次はアドベンチャーパート
誰の元に行ってどんな会話を繰り広げるかを選べるのがこのパート。
ここでQボタンが活躍。
まずQボタンには重要選択肢イベントというものがあり、これは必ず起こる選択肢。
その他ではキュウべぇとなってQボタンを使い、登場人物たちの会話に割り込みます。
といっても自由に割り込めるわけではなく、割り込めるタイミングは決まっているようです。
このタイミングを探すのもこのゲームのひとつの楽しみかもしれません。
ひとつも見つからなくてもストーリーに大きな変化はないようです。

で、登場人物達で大事な要素が因果値感情値
アドベンチャーパートのイベントでこの値が変動します。
まだ魔法少女になっていないキャラクターに影響するのが因果値
簡単に言えばこれが高いほど魔法少女になった時に強くなる
魔法少女になったキャラクターに影響するのが感情値
簡単に言えばこれが高いほど強くなるけどソウルジェムが穢れやすくなる
・・・イベントでは何かと感情値が上がります。
つまりキュウべぇ(自分)が登場人物達を必死に魔女にしようとしている
だからキュウべぇ営業奮闘記
しかし自分がキュウべぇということは魔女にさせないようするのも可能ということで・・・!


戦闘が起こるのがダンジョンパート
3Dフィールドの魔女結界を進みながら使い魔や魔女と戦いを繰り広げます。
内容は「不思議なダンジョン」や「ウィザードリィ」的なもの。
マス目をターン制で進み、敵に近づくと攻撃するなど・・・
スタイリッシュ魔法少女アクションを期待した方は残念な結果となっております。
メンバー交代可能ですがフィールドを歩くのは1人なので共闘している感じはありません・・・
まあこういうのが嫌いじゃない私は苦ではなかったですし、
何よりイヌカレー空間の再現度が高い!

ちなみに魔女戦ですが、アニメに登場した魔女(ワルプルギス含む)ほぼ全員と戦闘できます。
実際に戦ってみてあらためて、この魔女は強かったのか・・・など実感できるのが面白い。
あと魔法少女達の使う技は成長して習得するのですが、その内容も楽しみ。
figmaネタが増えるぜ・・・


以上を繰り返し、物語が終盤を迎えるとストーリークリア。
最後にストーリー成績に応じたポイントがもらえます。
このポイントでCGを獲得したりヒントを獲得したり・・・など。
CGも新規絵がそれなりにありそうなので楽しめそうです。
因果値は次のストーリーに持ちこしなので、やればやるほど登場人物が強くなります
やりこみ要素もしっかりあるようです。


大まかな流れはこんな感じ。
ストーリー内容は「らしさ」全開です。
私は現時点で まどか ルートと マミさんルート(念のため反転)をクリアしたのですが、
イベント選択によっては様々な本編舞台裏を知ることが出来ます

ネタバレにならない程度で言いますと、
・アニメ序盤でまどかが走っていた場所の正体
・アニメ本編で「ある出来事」が繰り広げられている裏で「他の人」は何をしていたのか?
・マミさんの過去
・アニメ10話の過去話で既にまどかとマミさんが魔法少女になっていたが、
 そのなれ初めとまどかの願いごと
・メガほむはなぜ武器にゴルフクラブを選択したのか?
などなど・・・
まだ序盤なのにこれだけの内容が楽しめます。


その他の面をいくつか・・・
まずBGM
これは完全新規なのでアニメのあんなBGMやこんなBGMは流れません。
これは少し残念・・・
お次はグラフィック
私自身そんなにこだわらないのですが、使い魔や魔女の3Dの再現度はばっちりです。
最後に難易度
ダンジョンパートは油断すると痛い目に・・・
それなりの難易度で緊張感持ってプレイできるので良い感じ。
どうしてもクリアできなくでもやればやるほど強くなれますからね。


20080316g_002.jpg

・・・と、長々とお話してきましたが、いわゆるクソゲーではまったくありません。
私自身は楽しめております。
まあ戦闘はもっと面白いシステムだと良かったなと思うのは事実ですが・・・
キャラゲーとしては十分な出来だと思います。
シナリオも面白いですし、物語を進めていくとキャラクターに愛着がわきますね。
さらにあんな人やこんな人の魔女姿も見れるとなれば・・・

とにかく気になる方はプレイしてみると良いんじゃないかな!
シナリオはファンなら必ず楽しめる内容となっていると思いますよ。
マミさん発売まであと1週間だしね!



 
関連記事
[ 2012/03/17 04:54 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
凄いwゲーム序盤でこれだけやれるなんて••••!  でもおなじみのBGMがないのは残念(><)
[ 2012/03/18 10:27 ] [ 編集 ]
> 通りすがりの禁書目録様

シナリオは本当によく出来ていると思います。
BGMも雰囲気は良いのですが・・・やっぱり少し残念ですね。
OP・EDはコネクトとMagiaが使われているものの、マミさんのテーマやさやかのあの音楽とかは聞きたかったかな・・・
[ 2012/03/18 20:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

about

プリンす

Author:プリンす
フィギュアレビュー そしてプリン

詳細はご挨拶

擬似ぶっかけや気持ち悪い文章が
苦手な方は閲覧しちゃダメです

メール(☆を@に)
purin_s_34☆yahoo.co.jp

purin_s_34をフォローしましょうtwitterやってます

月別アーカイブ
お世話になってるサイト様
リンク(敬称略)
【練乳王】
【NEWSサイト】
【テキスト】
【フィギュア・ホビー】

【アダルト・ぶっかけ】
いつもお世話になってます
アクセスランキング
検索フォーム


QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。